スポンサーリンク

「Boys, be ambitious(少年よ、大志を抱け)」家族みんなで大志の誓い

「Boys, be ambitious」で有名なウィリアム・スミス・クラーク。
日本ではクラーク博士として知られています。

クラーク博士の銅像が見られるのは、札幌・羊ヶ丘展望台。
観光スポットの一つです。

IMG_8379_500

広大な石狩平野を一望できます。
遠くに見えるのは札幌ドーム。

札幌観光を考えているときに、友人に教えてもらったのが「大志の誓い」。

大きな夢や希望を書いて、羊ヶ丘展望台のクラーク博士の銅像の台座にある「大志の誓い」に投函し、クラーク博士に祈願します。
札幌観光協会では、なんと、この大志の誓いを永久に保存してくれるそうです。

5年後、10年後にあなたが再び羊ヶ丘展望台を訪れたとき、係員に投函の年月日、氏名を伝えますと、懐かしい「誓い」と対面することができます。〜社団法人札幌観光協会〜

公式サイトに書いてありました。我が家が買ったガイドブック(るるぶ)2冊には書いてありませんでしたが。

友人は、新婚旅行の時に「子供と一緒にまた来たい」というようなことを書き、再び家族旅行で訪れたときに、その誓いを見せてもらったそうです。

そんな素敵な体験、私もしたい!

ということで、その用紙を探しました。

IMG_8344_600

こんな貼り紙を発見。
オーストリア館事務室はどこだ?
と見回すと、

IMG_8349_500

ありました。

中に入るとお土産屋さんのような感じ。でも事務室って・・・?
結構奥まった中に、本当に「事務室」という言葉がふさわしい部屋があり、そちらで購入することができました。
売店で売ればいいのになあ。ちょっとわかりづらいです。

1枚100円でいいんですか?安いわー。

IMG_8360_600

家族4人分購入。
私も旦那さんも「少年」ではないけどいいのだ。夢を持つのだ。

IMG_8361_600

息子たちは、「大きくなったら何になりたい?」を考えながらじっくりと書きました。

IMG_8367_601

4人で書きました♪(内容や名前が書いてあるので、ぼかしてます。)

IMG_8369_600

それをクラーク博士の台座に投函。

IMG_8391_600

そのあと羊たちを見て、

IMG_8393_600

次男だけ足湯をしました。

大志の誓いはぜひ書きたい!と思っていたので、実現できてよかった♪
いつかまた家族で訪れて今回書いた誓いを見せてもらおうと思います!!!

関連する記事

スポンサーリンク

■ブログランキング

ランキング参加中です♪この記事がお役にたちましたら応援クリックお願いいたします!
にほんブログ村 旅行ブログ 北海道旅行へ

■こちらの記事もおすすめ

北海道旅行 我が家の7泊8日の日程
素敵でした~♪美瑛・富良野の写真一覧はこちら
北海道旅行の本・ガイドブック
旅に出たらフォトブックを作ろう!
管理人はこんな人:自己紹介

■コラム

今回のフェリー&車の旅は自家用車でした。それは、我が家がステップワゴン(ホンダ)を購入したから。家族旅行は子供が小さい&時間がある小学生の間に行った方がいいな!と思いました。
コラム→北海道子連れ旅行に使用した車と、家族旅行について私が思うこと